コレクション: カヒナの焔

チュニジアの歴史では度々、運命に力強く抗う女性が登場します。

紀元7世紀。
西ローマ帝国が滅亡し、イスラーム教が波及する時代。
中東からチュニジアに攻め込んできたアラブ・イスラーム軍に抵抗した女王がいました。

名をカヒナと言います。

カヒナは遊牧民であるベルベル人の女王でした。
兵士を率いてアラブ・イスラーム軍に抵抗したカヒナは最後エル・ジェムの円形闘技場に立てこもり、701年、この中で炎に身を投じて命を絶ちました。

 

《カヒナの焔》は勇敢に闘う姿にインスパイアを受けた作品です。