Contents

自宅でもできる?シルク(絹)の洗濯方法−チュニジア専門店BYRSAM

自宅でもできる?シルク(絹)の洗濯方法−チュニジア専門店BYRSAM

    「繊維の女王」と呼ばれ、古来から多くの権力者を虜にしてきたシルク(絹)。繊維の美しさや肌触りの良さから愛用する人も増えていますが、シルク(絹)そのもののお値段や、生地の繊細さからお手入れが難しいと思っていませんか? 毎日使うものに関しては都度クリーニングに出すわけにもいかないですし、ちょっとした汚れくらいなら自分で落としたいですよね。そんなみなさんのために、今回は自宅でもできるお手入れ方法をご紹介します。    目次 シルク(絹)の特徴 お洗濯前の確認 シルク(絹)をお洗濯する手順 シルク(絹)の正しいアイロンがけ まとめ シルク (絹)の特徴   正しいお手入れ方法を知る前に、まずはシルク(絹)の特徴を理解しておきましょう! 上質な光沢としなやかなドレープが特徴で、蚕の繭を原料とする動物由来の天然繊維です。人間の肌や髪と同じタンパク質でできているため、低刺激で肌に優しい素材として知られています。   ☑️ 滑らかな触感:シルク(絹)は非常に滑らかで肌触りの良い素材です。そのため、シルク製(絹製)の衣類や寝具は快適さや、肌への優しさを重視する方にぴったりです。 ☑️ 優れた吸湿性と保温性:シルク(絹)の繊維は非常に軽量で、着心地が軽やかです。暖かい季節には涼しく、寒い季節には保温性があるため、年間を通して着ることができます。 ☑️ 美しい光沢:シルク(絹)は独特の光沢を持っており、美しい輝きが特徴です。そのため、ドレスやフォーマルな衣装にも広く使用されます。 ☑️ 高い強度:シルク(絹)の繊維はお手入れが難しいデリケートなものだと思われがちですが、実はかなり頑丈です。正しく取り扱えば、長期間使用することができます。 ☑️ 天然繊維:シルク(絹)は動物性の天然繊維で蚕の繭から取られます。そのため、天然繊維の中でも高級品であり、地球に優しいエコフレンドリーな素材です。 ☑️ アレルギー反応の少なさ:シルク(絹)は人間の肌や髪と同じタンパク質によって構成されているため、肌へのアレルギー反応が少ないとされており、敏感肌の人にも適しています。  ...

自宅でもできる?シルク(絹)の洗濯方法−チュニジア専門店BYRSAM

    「繊維の女王」と呼ばれ、古来から多くの権力者を虜にしてきたシルク(絹)。繊維の美しさや肌触りの良さから愛用する人も増えていますが、シルク(絹)そのもののお値段や、生地の繊細さからお手入れが難しいと思っていませんか? 毎日使うものに関しては都度クリーニングに出すわけにもいかないですし、ちょっとした汚れくらいなら自分で落としたいですよね。そんなみなさんのために、今回は自宅でもできるお手入れ方法をご紹介します。    目次 シルク(絹)の特徴 お洗濯前の確認 シルク(絹)をお洗濯する手順 シルク(絹)の正しいアイロンがけ まとめ シルク (絹)の特徴   正しいお手入れ方法を知る前に、まずはシルク(絹)の特徴を理解しておきましょう! 上質な光沢としなやかなドレープが特徴で、蚕の繭を原料とする動物由来の天然繊維です。人間の肌や髪と同じタンパク質でできているため、低刺激で肌に優しい素材として知られています。   ☑️ 滑らかな触感:シルク(絹)は非常に滑らかで肌触りの良い素材です。そのため、シルク製(絹製)の衣類や寝具は快適さや、肌への優しさを重視する方にぴったりです。 ☑️ 優れた吸湿性と保温性:シルク(絹)の繊維は非常に軽量で、着心地が軽やかです。暖かい季節には涼しく、寒い季節には保温性があるため、年間を通して着ることができます。 ☑️ 美しい光沢:シルク(絹)は独特の光沢を持っており、美しい輝きが特徴です。そのため、ドレスやフォーマルな衣装にも広く使用されます。 ☑️ 高い強度:シルク(絹)の繊維はお手入れが難しいデリケートなものだと思われがちですが、実はかなり頑丈です。正しく取り扱えば、長期間使用することができます。 ☑️ 天然繊維:シルク(絹)は動物性の天然繊維で蚕の繭から取られます。そのため、天然繊維の中でも高級品であり、地球に優しいエコフレンドリーな素材です。 ☑️ アレルギー反応の少なさ:シルク(絹)は人間の肌や髪と同じタンパク質によって構成されているため、肌へのアレルギー反応が少ないとされており、敏感肌の人にも適しています。  ...